薄毛治療で体毛が濃くなる!?

今、巷で密かにささやかれていることが、「薄毛治療したら体毛が濃くなる」というウワサ。
このうわさ、聞いたこともあるのではないでしょうか?

薄毛治療したら体毛が濃くなるというウワサですが、これは単なるウワサではなく
実際に起こっている事実なのです。

髪が薄くなってくるとまっさきに飛びつくのが育毛剤ですよね。
とりあえず何とかしなきゃ!何か対策しなきゃ!

ってことでまず使ってみるのが育毛剤なのではないでしょうか?
育毛剤で髪が増えたらそれはそれで問題ないのですが、なかなか効かない人ってのもいますからね。

そういう人が次にすることと言えば薄毛治療!

薄毛治療をするためにクリニックに通い始めたりする人も中にはいると思います。
薄毛治療で一番最初に処方されるのがプロペシアという薬です。

飲むタイプの薬なのですが、これを飲むと男性ホルモンによる脱毛作用を抑えることができるというわけです。これで半分くらいの人は効果を実感するのですが、それでも効果が実感できない人というのがいます。

そういう人が次に処方されるのたミノキシジルタブレットという内服薬。全身の血行を促進する効果があるとされる薬なのですが、これが今回の薄毛治療で体毛が濃くなるってことと関係しているのです。

ミノキシジルって薬はそもそもアメリカで高血圧治療薬として開発されたんですけどね、これが薄毛に効くってことで飲む育毛薬として研究開発されました。今ではミノキシジルタブレットとして医師に処方される薬なのですが、これを飲むと全身の血行が促進されます。

頭皮だけでなく、全身の血液の巡りがよくなり、それによって頭髪以外の毛、例えば眉毛だとか胸毛だとかが濃くなるというワケなのです。

頭の毛は増やしたいので薄毛治療をする、全身の毛が濃くなったので脱毛する、こんな真逆な行為をおこなっている人も中にはいるのではないでしょうかね。

customer

customer wrote 5 posts

Post navigation


コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>